【8/24】 森ではじめる!「えがおのたまご」で 遊ぼう!考えよう!

自分だけの「えがおのたまご」のあそびを考えながら、森を守ること考えてみよう。森の木について学んだワークシートは、夏休みの自由研究にも役立つよ!
大人は六甲山の天然木でおしゃれなカッティングボードを作りましょう!
大人だけの参加もOKです。

【日時】2015年8月24日(月)13:30~15:30
【会場】神戸市立森林植物園 講義室 アクセスは こちら(外部サイト)
神戸市北区山田町上谷上字長尾1-2

【参加費】500円
(大人向けワークショップ・カッティングボード制作は2,000円)

※要予約(メールフォームはこの記事の一番下にあります)

 

 

 

森林植物園で開催する本イベントは、「えがおのたまご」を自由な発想で「あそび」にします!!

えがおのたまごがどうやって作られるか、どんな木でつくられているか
なぜ、もりの木を手入れして、もりを守らないといけないのか。

えがおのたまごのルーツを学んだあとに、自由な発想で「つくる」、「あそぶ」ことを通して、六甲山のもりの木を感じてもらいます。

街のイベントより少し掘り下げて学ぶ「もりを学ぶワークシート」をご用意しますので、自由研究にも役立ててもらえると思います。

実際にもりの中に来て、森を感じて、学べる機会ですのでぜひご参加ください。

 

 

 

お子さんが「えがおのたまご」で遊んでいる間に、保護者の方、または大人だけのご参加の方は、六甲山の天然木でおしゃれなカッティングボードを作りましょう!

 

 

今大人気の、天然木のカッティングボード。

パンなどをカットするだけではなく、パンやスイーツなどをカッティングボードにのせてそのまま食卓へセッティングするととてもおしゃれ。

何より、六甲山のもりを守るための「きっかけ」となる木でつくられています。

あなただけの、オリジナルのカッティングボード。

貴重なこのカッティングボードをぜひ作りにきてくださいね!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ぼくが、わたしが、
六甲山の森を守る!!
神戸の暮らしを守る!!

おいしい空気と、きれいな景色は、元気な山からのおくりもの。でも、みんなで守ってあげないと、どんどん荒れてしまいます。山を元気にするために大切な事、みんなで考えてみよう!

「えがおのたまご」は六甲山の森を守り活用していくKOBEもりの木プロジェクトの活動が「生まれる」シンボル。

六甲山の森には、広葉樹を中心とするいろんな種類の木があります。

建築用材としては扱いにくい木だけれども、六甲山の森の手入れを進めていくこと、森を守ることを伝えるためにも、この森の木の活用を一緒に学び、考える、KOBEもりの木プロジェクト。

とても個性的で、とても街と海に近い六甲山だから
もりの木を皆で守り、身近に楽しむ暮らしを、みんなと一緒につくりましょう。

(公財)神戸市公園緑化協会は、シェアウッズ、神戸スマイルプロジェクトと、六甲山の手入れから発生する材の活用を考え、利用していく道筋を整えることで、神戸の森と暮らしを守ることにつなげることを目的として、「KOBEもりの木プロジェクト」を立ち上げました。
本プロジェクトでは、六甲山材を利用した、上記のワークショップを行います。どなたでもご参加いただけますので、ぜひお越しください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

下記のメールフォームにて、お申込み下さい。

※神戸市立森林植物園の入園料は別途となります。
大人(高校生以上)300円 小人(小・中学生)150円
「のびのびパスポート」をお持ちの小中学生は、入園の際にご提示いただきますと、入園料が無料となります。

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご住所 (必須)

子ども参加人数  名

大人参加人数  名
  カッティングボードをつくられる大人人数を選択してください。

お問合せ内容

申し込み後、自動返信メールを送信致します。
8月20日頃までに、当日のお知らせメールを改めてお送りします。
返信が無い場合は再度ご連絡を宜しくお願い致します。
※携帯メール、フリーメールでお申込みの方は、必ず kobesmilepj.com のドメイン受信許可をしてからお申込み下さい。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です